Chisako SUZUKI(鈴木 知佐子)プロフィール

1977年 秋田県・能代市生まれ、神奈川県・茅ヶ崎市育ち。


2歳の時から絵を描きはじめ、自らの意思で幼稚園時代から絵画を習いに行く。植物や昆虫、そして何かを作ることが大好きな子供だった。
中学校美術部、高校美術部、大学美術研究会と、一貫して絵を描き続ける。高校時代、恩師・大寺博先生、堀江賜子先生の指導のもと、今の「水彩を重ねて筆で細かく表現する」スタイルにたどり着く。大学ではジャン・コクトーやシュル・レアリスムの盟主アンドレ・ブルトンを中心とした1920年代のフランス文化を研究。卒業論文は『ジャン・コクトーとシュルレアリスム論』。フランス・モンペリエ大学に短期留学。学芸員資格取得。この頃から、フランス語のフレーズや詩を絵の中に取り入れる、スタイルが確立する。
大手損害保険会社勤務中の2011.3.11東日本大震災を期に「どうせ死ぬなら、やりたいことを精一杯やって死のう」と、独立を目指して翌年、退職。
2013年に師匠である木村早翔と出会い、九星氣学を学び東洋易学学会・易学鑑定士資格を取得。紆余曲折の末、2014.9本来の自分が本当に好きだった絵と向き合うことに。
2016年10月〜12月アートプロジェクト『愛と笑いと信頼で日本をつなぐ〜ちーちゃん&シカオの0円旅』にて70日間日本縦断0円旅をしたことによって、価値観が大きく変化。旅中の函館で札幌のデザイナーSei.Yamadaと出逢い、翌年札幌に習いに行く。更に自由な作風となり、絵画の表現が拡がる。
2017年5月アートプロジェクト『ハコネエコビレッジ1ヶ月0円生活』にて、”足るを知る”を体感する。簡素な生活が氣に入り、生活の大半を箱根の山で過ごすようになる。
2018年理想のパートナーを引き寄せ「お金のいらない式~ちーちゃん&やっちゃん結婚披露パーティー♡」を大成幸させ、ひとつの理想の空間作りを実現する。
現在は家族と大宮で過ごしながら、アート活動を中心に生活している。


Message

小さい頃からずっと絵を描いていました。創造することは私の一部です。

私は、可愛い"もの"が大好きです。

"もの"に対する愛情、それは日本古来の「八百万の神」に対する信仰から由来しているのだと思います。

それから、名言などの"ことば"も大好きです。

"ことば"は、「言霊」とも言って、古来から力があるとされて来ました。

 

私の作品は私が可愛いと感じた"もの"、良いな〜と思った"ことば"で構成されています。

私という人間が感じた「愛おしいと思う気持ち」が作品には含まれています。

それは、太古の昔から人間が感じて来た、普遍的な感情に違いありません。

 

そんな想いを作品から感じ・読み取っていただき、毎日の生活が豊で平穏なものになっていただければ、これ以上に嬉しいことはありません。

 

Chisako SUZUKI=鈴木 知佐子(ちーちゃん)の世界にご興味を持っていただけましたら、どうぞご遠慮なくご連絡ください。

ご質問もお待ちしております。

 

 

◆ Mission

【ハッピーピーポー☆プロジェクト】

自分の人生を、幸せに楽しく生きる人を増やします♪

 

◆ Vision

【自然と共生するHome】

Home。
自分の家だけではなく、「ここが帰って来る場所だ」と思える場。

具体的には循環型畑シェアハウスを作ります♪

 

◆ Policy

【スマイル&フィーリングを大切に ♡】

いつも笑顔で、自分の世界で感じたことを表現します♪

 

 

いずれ、半自給自足をしながら、仲間のアーティスト作品を展示したり、雑貨を売ったり、野菜を売ったり、カフェ・バーとなったり、経済的・人的な交流ができる「場」お店を作りたいと考えています。

 

グラフィック、音楽、映像、様々なジャンルの方と情報交換をしたいと思っていますので、こちらもどうぞよろしくお願いいたします!



好きな言葉


il ne rit pas parce qu'il est heureux ; je dirais plutôt qu'il est heureux parce qu'il rit
(Alain “Propos sur le bonheur”)

幸せだから笑うのではなく、私に言わせてみれば、笑うから幸せなのだ
(アラン『幸福論』)